「体温管理士®」とは

低体温による症状に対し、相談を受けながら適切な助言を行う、日本レホルム連盟が養成する体温管理の専門家です。

低体温に対して、確実な処方箋を持っている病院や医師はまだ少ないのが現状です。
また、体温に関する専門的知識を教育する機関は、日本にも世界にもなく、体温のスペシャリストもいません。

日本レホムル連盟が開設した、体温に特化した資格「体温管理士」は、家族の健康管理をはじめ知人や顧客に適切なアドバイスを行い、低体温の問題解消に向き合うことができます。

3 6 5
365日、体温36.5℃を維持しよう!

「日本レホルム連盟の提唱スローガン」

体温が1℃上がると免疫6倍
1℃下がると免疫は36%下がる
1℃下がると基礎代謝が12%下がる
1℃下がると体内酵素の働きが50%下がる
ガン細胞は低体温を好む

ご自分の平熱を知っていますか?

最近体温を測っていますか?「あなたの平熱は何度ですか?」と聞かれたら答えることができますか?

私は今まで、熱っぽい気がする、頭痛がする時でも、「だいたい今〇〇℃だな」と、自分の感覚を信じてあまり測ることすら無かったです。たまに測る機会があった時の記憶をたどれば、35度台が普通でした。

幼少のころからそうだったわけではなく、そういえば35度台になり始めた頃に、「体温計おかしいかな?」と測り直していた記憶があります。恐らく高校卒業してくらいから、平熱は35.7℃くらいだったかな??と予想しています。明らかに低体温です。

高校卒業してから急激に太る、痩せるを繰り返したり、19歳の時にはアトピーが大爆発。皮膚科に行ってはステロイドでおさえ、というのを繰り返していました。まぶたがはれ上がる位のひどさでしたので周りに心配されました。今思えば体温と関係しているのかなと思います。

その後20代後半、二十歳頃のアトピーとは別格、全身から汁がにじみ匂いもし、何もしていなくても痛い、痒くて眠れない日々を3ヶ月位過ごすことにもなりました。色々な要因が重なった結果だったのですが、このことはまた追々お伝えするとして。

今では平熱は36度台になっています。なんと出産を機に低体温が解消されました。

“出産は、人生最大のデトックス”とよく言いますが、私の場合は、冷えも一緒にサヨナラしたわけです。湿度が高くなる梅雨時期からあせもが出ることはありますが、以前のような重度のアトピーはなくなりました。

生命が発しているサイン

体温や血圧、脈拍などのことをバイタルサインと呼びます。バイタルサインとは「生命の」「活気のある」などの意味をもちますが、体温はまさしく「生命」が発している「サイン」なのです。

できれば常に体温を測る習慣をつけておいて、ご自身の健康状態を知っておく必要があります。

もし測ってみれば、予想していた温度と異なる結果が出るかもしれません。その時はご自身の生活習慣を見直すいい機会になるでしょう。

1日の中でも、体温は変化します。平熱を知るためには、決まった時間に測ることが望ましいですが、当サロンではご利用頂く度に体温を測って頂きます。まずは知ることからですね!

体温の、いろはに・おまけに、ほへと!

私たちは、活きている限りあたたかいですが、なぜあたたかいかご存知ですか?こちらでは、体温の基礎知識と免疫機能や代謝機能について、ご説明致します。少々聞きなれない言葉などあるかと思いますが、出来る限り分かりやすくお話させて頂きますので、ご自身の体温管理について考えるきっかけとなれば幸いです!

~ 目 次 ~
(順次更新して参ります)

~第一部 体温に関する基礎知識~
● 低体温がステキ!という時代があったのだ

● あなたの体は冷えています!
● 不調の原因は、体の冷えだった!?
● 冷えはダイエットの天敵??
● 私たちだけじゃなくって、男性も冷え??
● 理想の体温と正しい測り方って?
● 冷え・低体温・冷え性の違いって何?
▶ 第一部のまとめ 20項目をチェックしよう!

~第二部 体温のメカニズムと代謝の関係~
● なぜ私たちはあたたかいの?

● 体温はどこでつくられているの?
● 基礎体温を測っていますか?
● なぜ風邪をひくと熱が出るの?
● 食事が体をあたためる?
● どこへゆく!?糖質
● どこへゆく!?たんぱく質
● どこへゆく!?脂質
▶ 第二部のまとめ 25項目をチェックしよう!

~第三部 病と体温の関係と医療~
● 冷えってこんなに怖いのだ

● 生活習慣病と冷えの関係って?
● メタボと冷えの関係って?
● がんと冷えの関係って?
● 不妊と冷えの関係って?
● うつと冷えが関係ある?
● 女性は冷えやすいうえに冷えに弱い生き物
● 何ともカッコいい免疫
● はしかに二度はかからない理由
● 自律神経と免疫の関係って?
● 体温が上がるとどうなるの?
● 西洋医学と東洋医学の冷えの考え方
● 高体温ががんを消す???
● 血流を良くするとどうなるの?
● 体温が上がる時、体内ではどうなってるの?
● 4番目のがんの治療法って?
● 温熱療法を扱う医療機関がある
▶ 第三部のまとめ 25項目をチェックしよう!

~第四部 実践編~
● 食事で体温をあげる5つの方法

● 運動で体温をあげる
● 睡眠による理想的な体温のつくり方
● お風呂でホッとアゲましょう!
● 今すぐできる、体温をあげるためのプラスアルファ
▶第四部のまとめ 20項目をチェックしよう!